読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

税理士試験受験生が社会人大学生をやってみる

30代後半で税理士目指しながら大学に通いながら会計事務所で働きながらブログ書いてみる。

暴れん坊ショーグン債。

ども!かなです♪( ´▽`)

 

何度かこのブログでも言うてますけど、今月22日にFPの試験があります。

 

あ、FPってフードプロセッサーのことちゃいますよ(*^▽^*)

(フードプロセッサーの試験ってなんやねん!)

 

ファイナンシャルプランナーです!

 

今日はFPの勉強と税理士試験の消費税法の勉強を交互にやってみたら、なんとなく飽きずに捗るんちゃうやろうかと思ってやってるんですけどね、

 

 

そうでもないですね(*´ω`*)

 

 

いい加減、オコタでダラダラ過ごしたい(´-ω-`)

 

やっとこさFPの金融資産運用の項目が終わって、ホッとしてます。

 

今度受けるのはFP3級なんですが、大きく分けて

1、ライフプランニングと資金計画

2、リスクマネジメント

3、金融資産運用

4、タックスプランニング

5、不動産

6、相続・事業承継

の6項目が試験範囲です。

 

そのうちの3までが終わってホッとしてるって、今月22日が試験やっちゅ〜のに、このノンビリやさんめっ!!って思われても、致し方ない(*´ω`*)

 

この「金融資産運用」以外は、割と仕事で接する機会があるんで、比較的スムーズに勉強も捗るんやけど、「金融資産運用」に関しては、知らん言葉がいっぱい出てくるから、テキスト読むだけで、脳みそがオーバーヒートです( ´±ω±` )

投資信託の仕組みとか、知ってるフリしてるうちにいい大人になってしまったんですね(●´ω`●)

 

そんな私が、これからひけらかす知識は、アルファベットのAの次がBって知ってた??って得意気に言うてるくらいのことかも知れません。

中学生の頃、英語習いたてのクラスの男子が、なんでもかんでもに

 

Oh!!That's great!!( ー`дー´)キリッ

 

と言っていたのを思い出します。

 

 

では、いきますよっ!!

 

平成26年1月から導入された少額投資非課税制度

当時、やたらとテレビCMでお目にかかりましたよね。

特にイメージカラーが赤い金融機関のCMよく観ました。

 

 

その名も、NISA(ニーサ)

 

このNISAの名前の由来ってご存知?

 

 

では、ここでシンキングターイム(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

チャーチャチャー チャチャーチャチャー

チャーチャーチャーチャチャー

 

⬆︎あ、これ「暴れん坊将軍」のテーマソングです。

 

海外の発行体が日本国内で発行する外貨建て債券のことを、ショーグン債と言うんやけど、テキストでそのページ読んでから、ずぅ〜〜と、暴れん坊将軍の曲が頭から離れへんので困ってます(´-ω-`)

思わずテーマソングを鼻歌しながらテキスト読んでたら、通りかかった母に

 

「FPって歴史の勉強もせなあかんの?」

 

って聞かれたんで

 

「そうやで( ー`дー´)キリッ」

 

と答えておいたけどね。うちの母の思考回路もだいぶ…やな。

 

ちなみに、海外の発行体が日本の投資家を対象に、日本国内で円建てで発行する債券のことを「サムライ債」と言います。

なんで「ショーグン」とか「サムライ」とかって名前になったか気になりません?

 

私はめっちゃ気になってしまったんで、

iPhoneで調べてみ…ピピー!!!

 

ターイムアップ!!(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

(えぇ〜〜〜〜〜!!!!(´⊙ω⊙`) )

 

NISAの名前の由来、正解は!

(もうそれより気になることできたんやけど…)

 

イギリスのISA(Individual Saving Account;個人貯蓄口座)をモデルにした制度で、日本版(NIPPON)であることからNISAと名付けられました。

 

あえてのJapaneseのJじゃないところが素敵やね(●´ω`●)

 

というようなことが、このテキストに載ってます。

(あ、あえての〜素敵やね(●´ω`●)は私個人の感想です)

(⬆︎わかっとるわ!(๑•ૅㅁ•๑) )

 

このテキスト、ほんまにわかりやすいです。

ぶっちゃけ参考書なんて、書いてある内容はだいたい同じ。

それでも、資格スクールで同じ教材使って授業してんのに、講師によって全然違うのと一緒で、教え方の上手下手や、自分との相性もあると思うんです。

だから私は参考書系は必ず本屋さんでじっくり悩みます。

1時間は同じ書棚の前にいてると思います。

 

最初は、風を切るくらいの速さで、パラパラパラパラ〜っと全部見ますね。

そのテキストの全体像を把握してからちょっとずつ中身を拝見。

 

FPはマイナーなマイナンバー実務検定(まだ言うかw)と違って、色んな出版社からたくさんの参考書が出てるんで、おそらく7冊くらいちょっとずつ立ち読みしました。

 

その結果、選んだのが、この「みんなが欲しかった!FP3級の教科書(著;滝澤ななみさん)」でした。

 

滝澤ななみさん…、なんか見覚えあるなぁって思ってたら

 

bookstore.tac-school.co.jp

 

日商簿記検定の2級と3級を独学で合格した時に使ってた参考書の著者も、滝澤ななみさんでした(●´ω`●)

 

日商簿記の勉強するのにオススメの教材は?って、たまに聞かれるんですが、即答でコレすすめてます。

ただし、前述の通り、合う合わへんがあるから、とりあえず本屋さんで何冊か検討して、それでも迷ったら、是非コレをと言うてます。

 

これから日商簿記を独学で勉強される方、ご参考までに(*´∇`*)

 

こんなに褒めてますが、別にTACさんの回し者ちゃいますよ。

実際に、税理士試験講座は大原さんですしね(笑)

 

 

あ、そうそう、話を戻しますね(●´ω`●)

ショーグン債サムライ債の名前の由来か?わくわく…)

 

NISAの名前の由来ですが(えっ、またそれ!?)

 

おそらく試験には出ません( ー`дー´)キリッ

 

 

 

 

(・・・・・)

 

 

 

(・・・・(OvO) )

 

 

 

(え・・・・、終わり?えっえーーーー((((;゚Д゚))))))))

 

 

 

 

 

 

ショーグン債サムライ債の名前の由来、気になる人はぐぐってね(*≧∀≦*)

「特に意味はない」というのが有力です(笑)

 

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

にほんブログ村